工高12期A組クラス会報告

 御徒町駅で待ち合わせた後、しゃぶしゃぶ会席の店「木曽路」に向かいました。一年振りのクラス会に店に向かう道すがら、すでにクラス会は始まっていました。変わりないか?元気だった?いまどうしている?などの声が笑顔と一緒に飛び込んできます。

 今回は、小笠原先生には体調がすぐれず皆に迷惑をかけるからと欠席をされました。先生にお会いできるのを楽しみにしていただけに残念でした。

 会が始まり、しゃぶしゃぶ会席と銘酒木曽路をいただきながら、改めてひとりひとり順に近況を話すと、中には憧れていた悠々自適の生活にも飽き、自身の活性も含め短時間のお勤めをするなど過ごし方を見つけた友もいました。

 共通の話題は、やはり自身の健康のこと、脊椎管狭窄症・老人性膝関節症・前立腺肥大など所謂老人病を患い手術や通院加療していること、転じて孫の話には満面の笑顔で聞き入っていました。

 お互いの身体を気遣いながらも終始明るくなごやかなクラス会に、また元気で会うことを約束して散会しました。

令和元年11月17日 上野「木曽路」

幹事 前田 誠司、相馬 芳隆

タグ:

最新記事
過去記事
タグから検索
Copyright (C) 2014-2020 東工日駒同窓会事務局 All Rights Reserved.